歯ぎしり よくある症状

スポンサードリンク

歯ぎしりはなぜ起こる?

歯ぎしりには、3種類あります。
ギリギリと上下の歯を横にすり合わせるグラインディング
あまり音を立てず強く噛みしめるクレンチング
「カチカチ」や「カンカン」上下の歯を小刻みに鳴らすようなタッピングタイプと3タイプがあります。

 

なぜ歯ぎしりをするのか、現在でも原因はわかっていません。
よく言われるのがストレスですが、かなり小さい子でもすることを考えるとストレスばかりではない気がします。
歯ぎしりは、ストレスの他、特定の遺伝子型の人に起こりやすいともいわれています。

 

 

歯ぎしりはなぜ悪い?

私は、クレンチングで歯につなげていたブリッジを折ってしまったことがあります。その他歯が削れたり歯が折れる。
これが原因で歯周病になる可能性もあります。

 

歯ぎしりを続けると、歯がすり減って歯科にクリーニングに行くとすぐに指摘されます。歯茎も押されて変形します。
以前は、噛み合わせが悪いから顎関節症になったり歯ぎしりをするといわれていましたが、今は反対で、歯ぎしりをするから、顎関節症になったり噛み合わせが悪くなることがわかっています。

 

 

歯ぎしり予防で出来ること

 

問題を取り除き、歯を保護する。
睡眠時無呼吸症候群

→肥満の場合は、飲酒の制限。そうでない場合は、専門病院での受診。

 

逆流性食道炎

→悪化させない生活習慣。

不眠症

→眠りを深くするための生活の改善。首コリの改善または、病的な場合は専門医院での受診。

うつ症状→専門医院出の受診。

 

 

歯ぎしり習慣化し症状が各種出ている場合、一度、歯ぎしり外来や歯ぎしり、顎関節症に詳しい歯科医院、口腔外科で診てもらうことをオススメします。

 

 

歯ぎしりが続くと出てくる症状

顎の筋肉がこわばる。
顔のこわばり。
首のこり。
肩こり。
頭痛
耳の痛み
めまい
顎関節症(口が開けにくい。口を開けると顎関節付近が痛む。口を開けるとカクカク音がする)
それに伴うイライラと疲労感

 

 

積極的な予防と治療

歯科や口腔外科
  • 薬物療法
  • 睡眠時に樹脂製のマウスピースをかぶせるスプリント療法

歯や顎にかかる圧力が低減し、歯の摩耗を防ぎ、歯周病悪化や顎関節症の予防にもつながります。

 

 

鍼灸・指圧・マッサージなどの代替療法

いわゆるコリに対してアプローチし、緊張した筋肉をゆるめて症状を予防します。

 

 

 

 


スポンサードリンク

関連ページ

歯科 歯ぎしりの対策
歯ぎしりに関する歯科での対策と情報の情報を紹介しています。
正しいかみ合わせ?
歯ぎしりに関する原因やよくある症状の情報を紹介しています。
顎関節症 歯ぎしり
歯ぎしりに関する原因やよくある症状の情報を紹介しています。